Loading...
汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.505

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.505

No.505
エースコック
新食感焼そば
モッチッチ

新感覚の焼そばジャンジャンを提案するエースコックが得意の深型カップでリリースした最新作は、ゴールデンタイムのCMでローラさんを起用して宣伝する気合の入れよう
女性というジャンジャンからブレないターゲットを追い求めて、コンビニの棚を奪還なるか⁉︎
家庭の定番マルちゃんソース焼そば三食入りを思い出させるような麺の食感と、懐かしさを呼び起こすソース
食べ慣れている家庭のソース焼そばを目指しているようなので、そういう意味ではかなりの高品質です
ただ、目指す味わいはそこなのか?と思うと具材感のないコンビニカップ焼そばとしてはリピートは厳しいかも

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.504

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.504

No.504
ペヤングやきそば
鉄分MAX

ペヤングのMAXシリーズもとうとうこの領域まで来たかという感じでしょうか(笑)
まぁ、サプリが流行っていますからわかりますが、ペヤングの向かいたい方向はどこなのでしょうか?
味わいとしては、企画だけで内容は普通なのでむしろ和風のやきそばとしてはかなり味わいのバランスも良いし、満足度があると思います
ただ、売り方がね…

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.503

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.503

No.503
日清
ラ王焼そば

ラ王が25周年ということで限定復刻したあめ色玉ねぎ風?濃厚甘口ソースでノンフライ
ノンフライなので、麺の食感なども良いのですが、もしや内容も25年前そのまま?
濃厚甘口ソースですが、あめ色玉ねぎ風を頑張りすぎたか、味わいのメリハリがなく、間延びした感じに仕上がってしまっております
最近の焼そば事情からすると少し物足りなさ感が否めません
先日の熱帯焼そばもそうですが、復刻は良いですが、とはいえ味が第一なので勿体無い

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.502

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.502

明星
はじめ屋
低糖質麺こってりソース焼そば
糖分30%、糖質50%offというこちらの商品
そもそも論として、カップ焼そばにそこを求めるか。とさらに、からしマヨーネーズつき、こってりソースとくれば突っ込みどころ満載です(笑)
味わいは糖分を抑えたせいか、ソースの酸味が強く、味わいの厚みも物足りない
低糖質ではありますが、こってりとは言い切れないですね
からしマヨーネーズを追加することでこってりに持って行きたいところですが、この手のマヨネーズは卵を使っていないので、マヨネーズ自体がこってりしておらず、残念
どうやって麺がメインなのに糖質を50%にできたのかが少し知りたいです
汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記  No.501

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.501

日清
ラ王プレミアム
台湾まぜそば
ラ王ですが、生麺ではなくノンフライ麺
商品のお勧め通り卵黄も用意しました
かやくできざみ海苔などはあるものの、具材感は弱く、タレのインパクトも弱くて残念
魚粉で雰囲気を出していますが、そもそものベースの味わいが単調で弱いので、卵を混ぜると卵に負けて全ての味わいが消えてしまう始末
ひたすら残念
汁無しカップ麺評論家  ちびっ子社長Tの珍麺記 No.500

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長Tの珍麺記 No.500

No.500
日清焼そば
プチU.F.O.ビッグ
記念すべきNo.500は、好きなU.F.O.の中からこちらの商品
コバラにパンパンサイズ
のキャッチが面白い^_^
小腹が空いたのに満腹にさせるわけである
さらに、プチU.F.O.ビッグとは、小盛りの大盛りな訳であるから、小盛りの大盛りは普通盛りなのだ!とバカボンのパパの声が聞こえて来そうな内容である
要は普通のU.F.O.なんでしょ?と思いきや、ちゃんとプチのビッグになっています
というのもプチはプチなので通常のU.F.O.に付いているふりかけが付いていないんです
なので、プチのビッグも元はプチなので普通サイズなのにふりかけがないんです
という事でふりかけ無しの普通サイズという事ですね
価格も若干お安いようです^_^
ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.499

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.499

No.499
日清焼そば
熱帯U.F.O.
タイ風甘辛屋台ソース

500種類まであと一歩^_^
2002年に大失敗した作品が満を辞して2017年に再登場
タイ料理がポピュラーになっただけではなく、汁無しカップ麺の幅が大きく広がったことにより、失敗作とはならないと思います
が、当初のレシピのままのリリースかと思われますが、甘辛屋台ソースとは、スイートチリソース的なものを想像するのですが、甘みも辛味も中途半端
タイ=熱帯と勘違いした2002年の作品は、勘違いの前に味自体の決めも迷走してます(笑)
エスニックというのであれば、今だからこそエスニック感をもう少し出して欲しかった

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.498

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.498

No.498
日清焼そば
油そばマシ×2キムチマヨU.F.O.
極太
500種類達成に向けて495以降は全てU.F.O.シリーズで来ていますが、今回は日清にしては珍しい油そば
ただ、なぜ油そばにキムチマヨなのかがわからずです
3倍量のキムチマヨはやはりかなり効いていて、全体がほぼこってこてのキムチマヨ味になってしまいます
もはや油そばだったことを忘れるくらいのマヨ感なので、何がしたいのかよくわかりません
油そばとマヨとキムチの良いとこ取りなだけなのか…
胃もたれしたい方は是非(笑)