Loading...
汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.570

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.570

No.570
ニュータッチ
凄麺
THE・まぜそば

ニュータッチの凄麺THEシリーズ
THEシリーズなだけに、このシリーズは王道を行ってます
かやくの寂しさには残念ですが、味わいはまさにまぜそばを代表するまさにベーシックなまぜそば
ノンフライ麺ですが、ツルツル感は無いタイプで、喉越しはそれほど良くありませんが、ノンフライなのでカロリーが低めなのも良いですね
ちゃんとアピールしてます^_^

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.568

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.568

No.568
ペヤング
やきそば
塩ガーリック

辛くないペペロンチーノ的なものを想像するも
かやくにガーリックを入れるので、ただひたすら辛いガーリックの塩そばでしかなく
MAXシリーズ同様に誰が決済したのか不思議なくらい味わいがアウト
かやくではなくふりかけでフライドガーリックを入れるべき
たしか以前のニンニクMAXの時も同じやり方だった気がしますが、進歩してませんねぇ

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.566

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.566

No.566
明星
一平ちゃんとポンと酢鰹醤油味

少し季節がズレましたが、受験シーズン限定の一平ちゃん
なので、
ちゃんとポンと勝つぉー勝ユー!
かなり無理のある語呂合わせですが、縁起物ということで。
果たして
ポン酢鰹醤油味が先か、語呂合わせが先か
どっちでも良いが、ポン酢が効いた和風焼そばですが、一平ちゃんなのでマヨビームで風味台無し(笑)

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.565

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.565

No.565
エースコック
ジモト麺 名古屋発
インディアンスパゲティ風
まぜそば

いつも地味なところを攻めて来るエースコック
今回は、風変わりなご当地筆頭の名古屋発より
ところで、スパゲティ風まぜそばの真意は?
スパゲティでは駄目だったのか
スパゲティ風まぜそばというものが存在するのか
はたまた、エースコックがまぜそばにこだわったのか
謎である
当たり前ですが、スパゲティではありませんが、まぜそばでもない気がします
そもそもまぜる以外にまぜそばの定義など存在しないと思うので、まぁ良いか
味わいとしては、そのままですが、スパイシーだがまろやかなカレー味
そもそも焼いてないので、カレー焼そばとの区別もない
汁無しカップ麺は自由なのだ^_^

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.564

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.564

No.564
ペヤング
夜のペヤング夜食ver.
ピリ辛ソース味

夜食バージョンって!
夜のペヤングで夜食じゃないバージョンがあるわけではありませんm(_ _)m
マカが入っていて、夜に向いているかどうかはうなぎパイくらい怪しい(笑)
ただ、ピリ辛具合がちょうどよく、ストレスなく食べられます
お父様のお夜食に。

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.563

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.563

No.563
エースコック
ビリ辛汁なし坦々うどん

汁なし坦々麺は完全に市民権を得ましたね
そして、花椒ばやり現在
ノンフライ麺なので、太くても麺の味が主張しすぎず、タレとのバランスを保ちながら、最後まで楽しめます
ただ、今回は辛さにフォーカスしているので、どうしても辛さで味覚をやられてしまい、美味しさという意味での満足度はどうしても下がってしまいます

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.562

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.562

No.562
明星
一平ちゃん
夜店の焼そば
祝セブンイレブン2万店達成!
バージョン

ということで、かやくとからしマヨネーズが2倍の特別バージョン
しかしコンビニ一社で2万店て凄いですね
一店舗一個売れても2万個ですから(笑)
内容はもちろん一平ちゃんなので変わりませんが、やはり具材は多い方が良いですね^_^
マヨネーズは2倍になってもよくわかりません(>_<)結局マヨネーズ味なので

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.561

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.561

No.561
サッポロ一番
阿吽 つゆ無し担々麺

東京湯島の阿吽さん監修つゆ無し担々麺
なぜ汁ではなくつゆ?
だいぶ天邪鬼ですが、2度目のリリース
前回同様肉そぼろをレトルトにしていて、ノンフライ麺なので、カップとは思えないクオリティではあるものの
前回に比べて山椒系の辛さが強すぎてバランスが悪くなっています
花椒が流行っていますが、唐辛子と一緒で旨味とのバランスが大事かと思いますが、そこが崩れてしまっていて残念