Loading...
汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.577

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.577

No.577
エースコック
スーパーカップ大盛り
厚切焼豚入り油そば

写真の通り、具はドーンと厚切りの焼豚が一枚
インパクトはあるけれど、それだけというのもどうかと思います
スーパーカップで大盛りで、厚切焼豚で、完全に男子向けに作ってはいますが、せっかくかやくにお金をかけるなら、完成度にもこだわって欲しいですね
味わいはスーパーカップの油そばなので、レギュラーの油そばと変わらず、王道で安定感ありです
焼豚も食べ応えがあって良いのですが、他がないので、すぐに飽きてしまいます

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.576

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.576

No.576
ペヤング
やきそば
カレー+納豆

新発見!と銘打ってますが、昔から納豆カレーはありましたので、特に斬新さは感じません
群馬では斬新なのでしょうか^_^
新発見というよりはむしろ王道、鉄板的な組み合わせです
カレーのスパイシーさと納豆の濃厚さがまさに絶妙なバランスを生んでいて、ひきわりなので麺に絡む量的バランスも、口の中に広がるバランスも良いです

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.575

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.575

No.575
明星
一平ちゃん
夜店の焼そば
ガリトマ

味付けとしては、アラビアータなわけですが、今回のマヨビームが、グリルチキン風味マヨなのが謎
マヨなのにグリルチキン風味?
焼そばにかけた時点で、もちろんマヨビームからはそんな風味は感じ取れません
イタリアン系、パスタ系の焼そばはそこそこ出ていますが、今回のはトマト感もガーリック感もチリ感も全てが中途半端な感じで、少し残念な一品でした

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.574

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.574

No.574
エースコック
沖縄チャンプルー風焼そば

2年くらい前から初夏になると、夏に向けた商品としてチャンプルー焼そばが登場します
チャンプルーらしい柑橘系の爽やかな酸味が、飽きさせずに食用をそそります
シークワーサーとありますが、シークワーサー感を感じられるほどではなかったです
毎回のことですが、そもそも焼そば自体が焼そば風なので、あえてチャンプルー風とか言わずに、チャンプルー焼そばで良いのでは無いかと思う今日この頃

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.573

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.573

No.573
日清
デカうま
油そば

スーパーや百均系の商品なので、かやくがキャベツだけと貧相
まあ、ターゲットを質より量的に定めているので仕方がありません
豚うま醤油だれとありますが、ラードを効かせた醤油だれといったところで、いたって普通なところが日清の安定感です

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.570

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.570

No.570
ニュータッチ
凄麺
THE・まぜそば

ニュータッチの凄麺THEシリーズ
THEシリーズなだけに、このシリーズは王道を行ってます
かやくの寂しさには残念ですが、味わいはまさにまぜそばを代表するまさにベーシックなまぜそば
ノンフライ麺ですが、ツルツル感は無いタイプで、喉越しはそれほど良くありませんが、ノンフライなのでカロリーが低めなのも良いですね
ちゃんとアピールしてます^_^

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.568

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.568

No.568
ペヤング
やきそば
塩ガーリック

辛くないペペロンチーノ的なものを想像するも
かやくにガーリックを入れるので、ただひたすら辛いガーリックの塩そばでしかなく
MAXシリーズ同様に誰が決済したのか不思議なくらい味わいがアウト
かやくではなくふりかけでフライドガーリックを入れるべき
たしか以前のニンニクMAXの時も同じやり方だった気がしますが、進歩してませんねぇ

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.566

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.566

No.566
明星
一平ちゃんとポンと酢鰹醤油味

少し季節がズレましたが、受験シーズン限定の一平ちゃん
なので、
ちゃんとポンと勝つぉー勝ユー!
かなり無理のある語呂合わせですが、縁起物ということで。
果たして
ポン酢鰹醤油味が先か、語呂合わせが先か
どっちでも良いが、ポン酢が効いた和風焼そばですが、一平ちゃんなのでマヨビームで風味台無し(笑)

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.565

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.565

No.565
エースコック
ジモト麺 名古屋発
インディアンスパゲティ風
まぜそば

いつも地味なところを攻めて来るエースコック
今回は、風変わりなご当地筆頭の名古屋発より
ところで、スパゲティ風まぜそばの真意は?
スパゲティでは駄目だったのか
スパゲティ風まぜそばというものが存在するのか
はたまた、エースコックがまぜそばにこだわったのか
謎である
当たり前ですが、スパゲティではありませんが、まぜそばでもない気がします
そもそもまぜる以外にまぜそばの定義など存在しないと思うので、まぁ良いか
味わいとしては、そのままですが、スパイシーだがまろやかなカレー味
そもそも焼いてないので、カレー焼そばとの区別もない
汁無しカップ麺は自由なのだ^_^

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.564

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.564

No.564
ペヤング
夜のペヤング夜食ver.
ピリ辛ソース味

夜食バージョンって!
夜のペヤングで夜食じゃないバージョンがあるわけではありませんm(_ _)m
マカが入っていて、夜に向いているかどうかはうなぎパイくらい怪しい(笑)
ただ、ピリ辛具合がちょうどよく、ストレスなく食べられます
お父様のお夜食に。

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.563

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.563

No.563
エースコック
ビリ辛汁なし坦々うどん

汁なし坦々麺は完全に市民権を得ましたね
そして、花椒ばやり現在
ノンフライ麺なので、太くても麺の味が主張しすぎず、タレとのバランスを保ちながら、最後まで楽しめます
ただ、今回は辛さにフォーカスしているので、どうしても辛さで味覚をやられてしまい、美味しさという意味での満足度はどうしても下がってしまいます