Loading...
汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.598

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.598

No.598
スーパーカップ
シグネイチャー
ミーゴレン

マレーシアの汁無しカップ麺です
セブンイレブンタイランドのミーゴレンとは違いややスパイシーで、こちらの方が一般的なミーゴレンの味に近い気がします
もちろん具は何一つありませんが、スパイシーながらも全体的にほんのり甘いので、ついつい箸が進んでしまいます
相変わらず水切りのための心遣いは容器に見当たりません
これも日本とはかなりの違いがあります^_^

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.597

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.597

No.597
スーパーカップ
シグネイチャー
チキン味

マレーシアの汁無しカップ麺です
例によって具材が無いので、フレーバーだけで写真の原型に想いを馳せるのですが、原型を食べたことが無いので、味わいの表現をするのがなかなか厳しいですね(笑)
写真の黒い液体がこの地方独特のもので!ミーゴレンにも必ず入る定番なのですが、この味わいが何とも表現し難い
東南アジアの甘口醤油的なもので、コクを出します
チキンの味はシーズニングで表現するのですがかなりやばそうな感じの粉末です(笑)

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.596

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.596

No.596
セブンイレブンタイランド
ミーゴレン

タイのセブンイレブンPBのミーゴレンですが、スパイシーさはほぼなく、かなりマイルドな味わいのミーゴレンです
海外のカップ麺は日本と違い写真は完全なるイメージで、具材はほとんどの場合入っていませんので、フレーバーだけの味になるのですが、現地の方はそのまま何も入れずに食べているのでしょうか?具材を足しているのでしょうか

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.545

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.545

No.545
マギー
トマトソース スパゲッティ

シンガポールで販売されているマギーのパスタですが、このトマトソースはかなり厳しいです(笑)
パッケージの様なトマト感は写真を見ていただいてもわかるように全くなく
トマトピューレを更に煮詰めてデミグラス的なものを出したかの様な感じで、とにかく私的には無しの一品でした
(>_<)

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.540

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.540

No.540
マギー
ブロッコリーフェットチーネ

シンガポールで発売されているマギーシリーズ
お湯を入れて5分でパスタが出来上がります
食事というより、メインディッシュの添え物として利用しやすい一品
ブロッコリー感は特にないですが、野菜系のクリーミーなソースなので、優しいお味でした
戻すお湯は少なめの方が良いようです

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.527

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.527

No.527
康師傳
紅焼牛肉 干拌面
香港系の焼そばです
香港中国系独特の、湯戻ししたお湯がすごい色になる汁なしがあるのですが、これもその1つ
かやくから色が出ていると思われるのですが、あまりにもどぎつい色なので、少し引いてしまいます
味わいは中国醤油系の独特な味わいですが、紅焼牛肉感は感じられませんでした

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.521

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.521

No.521
SAMYANG
チーズ

以前よりお伝えしていますが、韓国の汁なしでは、唐辛子、チーズ、はちみつ
この3つの組み合わせしかフレーバーが存在しないと言い切っても良いほどつねにこんな感じです
そしていつも通り麺の質は低く、これもチーズが売りの商品ですが、ソースには唐辛子が入っており、辛いです。
そして具もなく、容器の質も低く、味わいも単調です
アジアの中でも韓国の汁なしは特徴的ではあるものの、残念ながら良い商品に出会ったことがありません
何がそうさせてしまうのでしょうか(//∇//)

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.520

No.520
安心

韓国製品は英語表記もないので、何が何だかわかりません笑
ただし、韓国の汁なしは、唐辛子、チーズ、はちみつ、この3種類以外の味はほぼないので、毎回何を食べても代わり映えしない内容
韓国の食文化?を反映しているようです
また、韓国の汁なしはとにかく麺が美味しくないんです
どのメーカーも共通していて、同じ工場で作っていると思われるほど麺が同じ味で、しかも美味しくない
まずは美味しい麺を使って欲しいですね
この商品の味わいですが、炭焼き風のフレーバーを入れているようですが、ひたすら辛いのでふた口で飽きてしまいました

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.496

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.496

香港日清
U.F.O. 鉄板焼肉風味

中国にもマヨビームが普及し始めました
マヨラーブームも来るのでしょうか、もう来てる?
写真でわかりますが、中国系はとにかくソースの混ざりが悪いです
保存性の関係か、妙に水分が無く袋から出しにくく、麺にも絡めにくいという難点が通常
同じ日清でも、容器の湯ギリ機能のレベルが低く、日本のU.F.O.クオリティにはまだまだ程遠い香港日清です
麺の質は中国の中ではそこそこ良いですが、ソースの味わいも、幅が無く奥行きもない感じはなかなか変わらないのが残念

 

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.492

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.492


トップバリュー ワールドダイニング
ガパオ風 やきそば
トップバリューがPBでガパオの焼そばを作るということは、女子の中ではガパオはかなりメジャーな食べ物だということですね
ガパオといえば挽肉ですが、焼きそばにしては大ぶりな挽肉がやや多めに入っていて、辛さもまろやかで、味わいのバランスも良く、トップバリューの安定感を感じます
汁無しカップ麺の楽しさが味わえる一品

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.489

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.489


SAMYANG
ハニー&チーズ パスタ
韓国は甘いのと辛いのが大好きの様で、汁無しカップ麺は大抵トマト系の大辛か、チーズかハニー系のこってりです
そして今回のこの商品は、ハニー&チーズなのに辛い!
そしていつものことながら麺がひたすら美味しくない
味わいも単調で大雑把、ドロッとした濃い味のものが多いですね
当たり前ながら料理文化とも比例しますので、韓国の食文化を一部表しているのでしょうか?
韓国は観光と日本の韓国文化しか知らないので興味深いところです

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.488

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.488

康師傳
炒面套餐
香辣肉醬拌面
野菜スープ付き
台湾の汁無しカップ麺には、日本の焼そば弁当同様に、スープが付くのが基本のようです
この商品はフリーズドライのかなり高品質なスープがついています
焼そば弁当のように、戻し湯でスープを作ってみました
メインの汁なし麺ですが、台湾、香港系の特徴で、ほとんどほにゃらら醬味なのですが、実際その差がほとんどわかりません(笑)
似た様な味わいで、似た様にぼやけた感じで、似た様に飽きやすい味わいです
残念ながらこちらも同様
野菜スープが健闘するも、全体的には残念な感じです