Loading...
ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.488

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.488

康師傳
炒面套餐
香辣肉醬拌面
野菜スープ付き
台湾の汁無しカップ麺には、日本の焼そば弁当同様に、スープが付くのが基本のようです
この商品はフリーズドライのかなり高品質なスープがついています
焼そば弁当のように、戻し湯でスープを作ってみました
メインの汁なし麺ですが、台湾、香港系の特徴で、ほとんどほにゃらら醬味なのですが、実際その差がほとんどわかりません(笑)
似た様な味わいで、似た様にぼやけた感じで、似た様に飽きやすい味わいです
残念ながらこちらも同様
野菜スープが健闘するも、全体的には残念な感じです

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.447

ちびっ子社長の汁無しカップ麺記 No.447


インドミー
ミーゴレン

インドミーはインスタントラーメンがメインのメーカーですが、どのシリーズもかなりクオリティが高いメーカーです
カップのミーゴレンもフレーバーのバランスが良く、フライ麺の味も食感も良いです
フライドオニオンはありますが、やはり東南アジア系は具がないのが残念

ちびっこ社長の汁無しカップ麺記 No.424

ちびっこ社長の汁無しカップ麺記 No.424


韓国製
チーズボッキ味

韓国の製品は韓国語以外書いていない事が多く、日本と同じ単一民族国家である事を感じさせます
カールチーズ味の様なチーズ感を感じます
韓国製のカップ麺は総じて麺が美味しくありません
味がないというか、悪いというか(ー ー;)
具も何1つなく、単調な味わいが残念

 

ちびっこ社長の汁無しカップ麺記 No.413

ちびっこ社長の汁無しカップ麺記 No.413


トップバリュー ワールドダイニング
ミーゴレン

基本的に定番しか出さないPBでは珍しいアジア系の変化球が来ました
さすがイオングループ^_^
主婦層にミーゴレンは人気だということでしょう
味わいはやや日本向けに調整した感があるので、あまりアジア感を楽しめません(ー ー;)
日本の商品では珍しく写真と中身に違いがあり、写真みたいに具材があれば良いのですが