Loading...
汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.555

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.555

No.555
日清
焼そばU.F.O.
ガーリックイカスミ焼そば

記念すべき?555番目は
王者U.F.O.の企画もの
確か昨年のハロウィンの時期にリリースしていた気がします
イカスミ&ガーリックなので、ランチタイムは要注意!
輪切りの鷹の爪も沢山入っていて、イカスミのペペロンチーノです
最近のU.F.O.の麺は伸びにくいパスタのような麺なので、イカスミ臭くもなく美味しくいただける一品です

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.549

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.549

No.549
明星
一平ちゃん 夜店の焼そば
タルタル甘酢醤油味

揚げた小麦の麺とタルタルソースで、食べた瞬間脳裏に浮かぶのはフィレオフィッシュの味
恐るべしマクドナルド(笑)
具材もないので単調ではあるものの、酸味と甘みと旨みのバランスも良く、飽きなく食べ進められます

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.548

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.548

No.548
日清
日清焼そばU.F.O.
チーズカレー

やはり日清
カレーはカレーヌードルの味からは離れません
それが意図的なのか非なのかはわかりませんが知りたいところです
残念なのはチーズカレーと冠に置くわりにはチーズの主張は少なく、価格なりという感じで残念
日清らしい全体的なまとめ感は健在

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.544

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.544

No.544
日清
デカヤキ スパイシーソース焼そば

からしマヨネーズ付きのスパイシーな大盛焼そばということで
特に特徴はない量販店向けの大盛商品のシリーズです
ソースが粉末なので、シャバシャバせずにからしマヨネーズをしっかり感じられる一品
ですか、この手の商品は味わいが単純なので、大盛は飽きてしまいます

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.541

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.541

No.541
明星
みかさ監修 ソース焼そば

神保町にあるやきそば専門店みかさ監修のコラボ商品
極太といってもいつもの太麺
特徴はやはりみかさ監修のソースですね
当たり前ですが、ソースで味わいは大きく変わります
企画ものだと具材もそこそこ入るのが良いですね
実際のみかささんに行ったことがないので、比較はできませんが、コクのある濃厚なソースが太麺の存在感に負けてなく
飽きずにいただけます

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.539

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.539


No.539
マルちゃん
昔ながらのちょい辛
ソース焼そば

激辛ブームですが、マルちゃんは焼き弁でもこのちょい辛を出していて、奇抜な企画ものよりも、焼そばとしての商品内容にこだわりが見えます
辛揚げ玉が食感と辛味のアクセントになっていて、バランスも良くスーパーの棚の常連でも良いと思う一品です

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.537

No.537
マイフレンド
ビックシリーズ大盛り
ソースやきそば

群馬、大黒食品工業のビックシリーズ
の焼そばです
どこかの定番の様にからしマヨネーズ付きですが、こちらは粉末ソースのみ
しっかり油切りをしてしまうと
水分がなさ過ぎて均等にソースが
混ざらなくなってしまうので注意
湯切り加減を軽くした方が良いかもしれません
粉末ソースならではの、シャバくない
スパイシーソース感が良いですね^ ^

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.535

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.535

No.535
マルちゃん
やみつき旨辛
辛黒富山ブラック風焼そば

胡椒流行りということで、もう一つ胡椒ネタ
前回のがつ盛と内容に変わりはないが、企画ものなのでかやくがキャベツだけではなくて、メンマやナルトなどがあるのが嬉しい
なぜ普通の焼そばにはキャベツしか入れないのか理由を知りたい
最近は少ない粉末ソースなので、ソースの汁感が無い分、黒胡椒の風味をしっかりと感じられる
最近流行りの汁無しラーメン系でもある一品

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.534

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.534

No.534
マルちゃん

がつ盛 スパイシーソース焼そば

最近黒胡椒も流行っております
世の方々は辛いものがお好きなようです
唐辛子
黒胡椒
山椒
わさび など
これらのスパイスは加減が難しいのですが、ほとんどの商品が行き過ぎ感が漂っています
もちろん個人の嗜好なので、人それぞれですがキャベツと黒胡椒だけでは流石に単調ですぐ飽きてしまいます
特にソースに工夫があるわけでなく、質より量系なので、仕方ないですね

汁無しカップ麺評論家 ちびっ子社長の汁無珍麺記 No.533

No.533
ピーヤング
やきそば
春雨 塩こしょう味

なぜピーヤングにしたのか
相変わらず群馬的な発想力で楽しませてくれます
春雨の汁なしは良くタイで見かけますが、こちらの味わいは完全に日本風
昔よく食べた汁なしの春雨の味わいで安心しますが、かなり濃い味
酒のあてに負けない味の濃さは、ヘルシーを謳っている商品としては、ややあり得ない内容となってしまっています