Loading...
汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.703

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.703

No.703
ペヤングやきそば
スカルプD

育毛シャンプーのアンファーとのコラボですが、特にネバネバ感も強くなく、以前のわかめMAXはひどかったですが、わかめ、ひじき、茎わかめのバランスも良く、具沢山なのでこれはこれで意外とまともに成立している感があります
商品名を変えればもっと売れるのではと思ったぐらいです

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.702

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.702

NO.702
ペヤングやきそば
ジンギスカン

香ばしいジンギスカンの風味がしっかり感じられます
かやくの中にひつじ肉が入っていますが、そのひつじ肉から出てくる風味とは思えないので、ソースの中に入っていると思われます
1つのテーマとしては、完成度高めだと思います

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.700

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.700

No.700
マルちゃん
正麺
焼そば

記念すべき700は、インスタント麺業界に独自乾燥麺技術の品質勝負で切り込んできたマルちゃんの正麺シリーズ
ノンフライ麺の味わいと食感は、明星の中華三昧系のツルシコとはまた違う、もちシコ系
品質重視のカップ麺は大好きです
正麺焼そばはかやくがなんとフリーズドライを採用
半分脂のソースで全体をなじませ、粉末ソースで味を締める
全体的なかなりクオリティの高いひとしなですが、残念なのはアフターが弱いところ
スパイシーなソースや豊富な具材は良いのですが、脂が買ってしまうのか、奥行きが少し足りず、アフターに課題あり

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.696

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.696

No.696
エースコック
大盛りいか焼そば
1988年復刻版

スーパーで定番のいか焼そばですが、こちらは1988年の復刻版
とはいえ、1988年のいか焼そばは思い出せるわけもなく
しかも、よく見たらデビュー当時をイメージした味わい
当時以降の文字を小さくするあたりがせこいのと、イメージした味わいって再現しないんかい!と突っ込みたくなる
味わいに関しては、いつものいか焼そばで、いつも以上に懐かしさを感じられるわけもなく…
なにせ復刻版風ですからね

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.694

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.694

No.694
大黒
ぐんま名物
大黒軒ソースやきそば

ペヤングのまるか食品とこちらの大黒は群馬のツートップ
ぐんまちゃんが描かれていますが、ぐんまちゃん焼そばではなく、太田やきそばの名店の味を再現しましたとあるものの、どこの名店かの明記もない
コラボもせず、ぐんまちゃんのオリジナルでもなく、予算をかけずに自社ブランドの大黒軒でギリギリの大きさで〇〇風表現笑
太田やきそばらしく、キャベツだけとはいえ具材は乏しく、ソースはそれほど濃厚は言えない内容で、太田やきそばを語るのはやや厳しのではないでしょうか

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.688

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.688

No.688
サッポロ一番
辛いもんやギロチン
大阪南船場本店
ガーリック醤油味激辛焼そば

今回のコラボ商品は辛さは鬼のようです
何度も書いてますが、辛いのが弱いので、辛すぎてもはやガーリック醤油味になどは感じることが出来ません
味わいを感じられないのは辛いのが好きな方も同じだと思うのですが、辛いもの好きの方々はどこら辺を美味しいと思うのでしょうか

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.687

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.687

No.687
ペヤングやきそば
祝限定販売金粉入り

日本酒などには昔から入っている金粉、金箔
おめでたいものとして昔からの日本文化です
金は身体にも良いそうで、最近は技術も向上して様々な形の金箔がありますが、こちらは安価な金粉です
金粉は味わいには影響しませんが、肉の代用で入っているペレット状の具材が美味しくなくてたまりません
これはどうにかならないのでしょうか

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.686

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.686

No.686
ペヤング
超超超大盛
GIGA MAX
マヨネーズ MAX

以前にも通常のバージョンで同じようなものが発売されましたが、メーカーのモラルを疑う商品として憤りを感じていたので、掲載していませんでしたが、第2弾を出してきたので、掲載しました
もちろん購入はしておらず、食べておりませんので、内容のレビューはありませんが、平和ボケした日本を象徴するようなこの商品は理解ができません
このような商品は企画とは呼べず、バカな大人の悪ふざけとしか思えない内容でとても残念でなりません

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.683

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.683

No.683
マルちゃん
昔ながらの中華風ソース焼そば

昔ながらのシリーズ
中華風ソース焼そばが私にとって昔ながらではないので、やや理解に難しいのですが、昔ながらの町の中華料理屋さんではこのような焼そばが提供されていたということですね、きっと
中華風ということで、塩味の強いオイスターソースなので、色はさほどつきません
仕上げにごま油を入れるとなんでも中華風っぽくなるものですが笑、こちらもそんな感じ

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.679

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.679

No.679
マルちゃん
昔ながらのナポリタン味焼そば

昔ながらシリーズ
そもそもカップ焼そばは焼いてないのに、ナポリタン味焼そばと焼そばを表記したいのは謎笑
最近の消費者は、汁なしカップ麺に対してもはや焼そばという認識はないと思うのだが、ここは各メーカーの呪縛でしょうか笑
昔懐かし甘いトマトケチャップ味です粉末ソースより液体の方が良い気がします

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.678

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.678

No.678
サッポロ一番
オタフクお好みソース味焼そば

こちらはマヨネーズなしの元祖オタフク
うまあま!濃厚コクソース
と謳うようになりました
最近焼そばでは、濃厚コク旨がトレンドなので、ここに来てコンビニの棚を奪いたいところだが、難しそう
ソースの味を楽しみたいときは、断然マヨなしのこちら