Loading...
汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.708

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.708

No.708
ペヤングやきそば
ホルモン入り
甘辛味噌味

豚ホルモンがかやくに5粒ほど入っていてホルモン感はありますが、ソースのインパクトが弱く揚げ麺の味が勝ってしまっているので、ホルモン焼きの雰囲気は残念ながら出ていない感じです
ホルモンもホルモン臭いホルモンです
味と風味の表記の定義ってなんなのでしょうか?

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.707

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.707

No.707
ペヤングやきそば
きつねやきそば

たぬきと同じソースかと思いましたが、そこまで手抜きはしていないようです
しかしながら、たぬきより甘みが少ないので、奥行きはあまり取れず、きつねにもアジを含ませていないようなので、ただただしょっぱいお揚げになってしまっています
たぬきがそこそこ良かっただけにこのきつねは残念

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.706

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.706

No.706
ペヤングやきそば
ネギ味噌七味風味

七味風味なので、かやくとして付いているのかと思いきや、味噌七味風味ソースでした
パックされたソースに風味をつけるのはなかなか難しいので、案の定七味風味は全くと言っていいほど感じませんでした
味噌も風味が弱く塩分だけが際立つソースになっていて、ネギも乾燥ネギなので、乾燥臭が避けられませんでした

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.705

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.705

No.705
ペヤングやきそば
たぬきやきそば

ソースではなく、めんつゆ系
めんつゆというより天つゆくらい甘くて粘度も強いので、冷やしでは難しいかもしれません
この甘さは群馬味覚でしょうか
後入れのかやくは、揚げ玉がかなりの量入っているので、揚げ玉と乾燥ネギだけですが、具材感はそこそこ満たされます

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.704

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.704

No.704
ペヤングやきそば
沖縄ゴーヤMAX
MAXというほどゴーヤは入っておらず、むしろカットも小さいのでゴーヤの存在感が弱いくらいなので、普通のゴーヤチャンプルーです
ゴーヤの苦味は、じわじわ後から来る感じですが、単にゴーヤ入り塩焼そばみたいな印象

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.703

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.703

No.703
ペヤングやきそば
スカルプD

育毛シャンプーのアンファーとのコラボですが、特にネバネバ感も強くなく、以前のわかめMAXはひどかったですが、わかめ、ひじき、茎わかめのバランスも良く、具沢山なのでこれはこれで意外とまともに成立している感があります
商品名を変えればもっと売れるのではと思ったぐらいです

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.702

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.702

NO.702
ペヤングやきそば
ジンギスカン

香ばしいジンギスカンの風味がしっかり感じられます
かやくの中にひつじ肉が入っていますが、そのひつじ肉から出てくる風味とは思えないので、ソースの中に入っていると思われます
1つのテーマとしては、完成度高めだと思います

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.701

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.701

No.701
マルちゃん
正麺
汁なし担々麺

正麺汁なしシリーズ
汁なし担々麺では珍しい粉末ソースを採用
ラー油ソースで麺をなじませて、かやくではなく粉末ソースという形で花椒の使っています
こちらもやや焼そばと同じ系統で、コクが弱いのでアフターが物足りません
辛さも上品で、バランスも取れていますが、焼そばと比べて具材が少ないのも残念です
ゴマのコクがもう少しあれば良いかと

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.700

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.700

No.700
マルちゃん
正麺
焼そば

記念すべき700は、インスタント麺業界に独自乾燥麺技術の品質勝負で切り込んできたマルちゃんの正麺シリーズ
ノンフライ麺の味わいと食感は、明星の中華三昧系のツルシコとはまた違う、もちシコ系
品質重視のカップ麺は大好きです
正麺焼そばはかやくがなんとフリーズドライを採用
半分脂のソースで全体をなじませ、粉末ソースで味を締める
全体的なかなりクオリティの高いひとしなですが、残念なのはアフターが弱いところ
スパイシーなソースや豊富な具材は良いのですが、脂が買ってしまうのか、奥行きが少し足りず、アフターに課題あり

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.699

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.699

No.699
明星
担々麺専門店
175°DENO汁なし担々麺

もっちり極太麺はあげ麺だと、もっちりにはなるがコシが出せず、伊勢うどんのようになってしまうので、やはり使わない方が良いと思う
青梗菜とそぼろの具材は、ソコソコの量があり、内容も良いので、麺がもったいない
大盛りでなければまだマシか
ソースは甘くない系なので、コクをそこまで感じられず、シビれが前面に出てきます

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.698

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.698

No.698
日清焼そば
U.F.O.
四川花椒香る
坦々焼そば

唐辛子と花椒のシビ辛が麻スパイスでビシッと決まり
ごまの甘さとコクがあるソース
歯ごたえのしっかりした青菜とカップヌードルと同じ擬似肉のそぼろ
青菜はしっかり入っていましたが、そぼろ肉が少し少なく感じます
U.F.O.独自のもっちりしっかり麺にも良く絡み、さすが日清な一品

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.697

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.697

No.697
明星
中華三昧
汁なし担々麺

袋麺の王者中華三昧がとうとう汁無しカップ麺に参入
ツルシコ系のノンフライ麺は汁無しでも健在
中華三昧の特徴でもある美味しいソース感は、汁なし担々麺でも同じで、濃厚な辛味ダレは麺によく絡みカップ麺の域を超える

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.696

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.696

No.696
エースコック
大盛りいか焼そば
1988年復刻版

スーパーで定番のいか焼そばですが、こちらは1988年の復刻版
とはいえ、1988年のいか焼そばは思い出せるわけもなく
しかも、よく見たらデビュー当時をイメージした味わい
当時以降の文字を小さくするあたりがせこいのと、イメージした味わいって再現しないんかい!と突っ込みたくなる
味わいに関しては、いつものいか焼そばで、いつも以上に懐かしさを感じられるわけもなく…
なにせ復刻版風ですからね

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.695

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.695

No.695
エースコックで
わかめ油そば
ピリ辛ごまラー油仕立て

以前ペヤングもわかめMAXなるものを出しましたが、さすがわかめラーメンの元祖、わかめ油そばなるものは存在しないはずも、妙に全体的なバランスも良く、当たり前ですがごまラー油とわかめの相性も良い
リピートするほどではないですが、変わり種としてありです
辛さも上品な範囲内で美味しくいただけます

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.694

汁無しカップ麺評論家 ちびっこ社長の汁無しカップ麺アルバム No.694

No.694
大黒
ぐんま名物
大黒軒ソースやきそば

ペヤングのまるか食品とこちらの大黒は群馬のツートップ
ぐんまちゃんが描かれていますが、ぐんまちゃん焼そばではなく、太田やきそばの名店の味を再現しましたとあるものの、どこの名店かの明記もない
コラボもせず、ぐんまちゃんのオリジナルでもなく、予算をかけずに自社ブランドの大黒軒でギリギリの大きさで〇〇風表現笑
太田やきそばらしく、キャベツだけとはいえ具材は乏しく、ソースはそれほど濃厚は言えない内容で、太田やきそばを語るのはやや厳しのではないでしょうか